タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

バンコクはセブンイレブン多すぎ?自宅から徒歩2分圏内に3件目がオープン

2016年3月30日 配信
バンコクはセブンイレブン多すぎ?自宅から徒歩2分圏内に3件目がオープン

ピカピカのセブンイレブンの看板

以前からよく言われていることですが、バンコクはとにかくセブンイレブンが多いです。酷い(笑?)ところになると道路を挟んで両側にセブンイレブンがあったりして驚きます。

もともと自宅から徒歩1分と2分の場所にセブンイレブンがありました。当然ながら品揃えは両店ともほとんど変わらないので、気分によって行く方を変えます。ただし夜遅くにちょっと買い物という時には徒歩1分の方へ行きますが・・・。

そんなコンビニに恵まれた暮らしなのですが、今度は徒歩30秒のところに新しいセブンイレブンがオープンしてしまいました!もともとファミリーマートがあった場所でセブンイレブンと違った品揃えで重宝していたのですが、売上不振からか数カ月前に閉店。それが店舗面積が倍ほどになって新しくセブンイレブンがオープンしたのです。

「そんなに人の多いところに住んでるの?」と思われるでしょうが、確かに大きなコンドミニアムはいくつかありますが、繁華街のように特別沢山の人で賑わっているわけでもありません。普段はポツリポツリと歩いている人がいるくらい。そんな場所に3件もセブンイレブンがあって、先に営業していたセブンイレブンはお客さんが減ってしまうのではないかと、勝手に心配しています。実際に、新しいセブンイレブンが出来て、客が減った先に営業していたセブンイレブンのオーナー激怒なんていう話もありますし。これは日本も同様ですね。

ちなみに、徒歩5分の場所にもセブンイレブンとファミリーマートが。徒歩10分以内のところにも他にセブンイレブンが3件あるのです。やっぱりバンコクはセブンイレブンが多すぎますね。

新着記事

ラマ9世交差点のGタワー内「ラーメンハブ」は朝7時半オープン
摘発!中華街化の進むホワイクワンのプラチャーラートバンペン通りに警察官大集合!
池袋・サンシャインシティ = ラップラオ・ユニオンモールという”いとたく独自論”
成田空港第2ターミナルに到着時免税店が2017年9月1日(金)オープン
さっちゃん BNK48(Satchan BNK48)
タイ映画「サンティとウィーナー」がアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017で上映