タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

チャンツアーでウドンタニ発バンコク行き長距離バスの旅、コンセントとWi-Fi付き

2016年3月8日 配信

イサーンと呼ばれるタイ東北部の街ウドンタニ。ウドンタニとバンコクとの間には毎日20便近くの飛行機が飛んでいるのですが(所要時間1時間)、今回は長距離バスの旅です。

まずはウドンタニ中心部のウドンタニ第二ターミナルへ。たとえばラオスからの国際バスはこのターミナルに到着します。

ウドンタニ第二ターミナルの様子。以前訪れたことがありますが、綺麗になっていました。

chan tour 02

 

チャンツアー Sクラスのバスでウドンタニからバンコクへ

今回のウドンタニ-バンコク間のバスの旅は、人気の長距離バス会社チャンツアーを利用します。先日バンコク-ノンカーイ間で利用したナコンチャイエアとの違いを感じて見ようと思います。(参照 バンコク発ノンカーイ行きバスの旅、ナコンチャイエアのファーストクラス )

こちらがウドンタニ第二ターミナルの敷地内にあるチャンツアーのチケットオフィスです。

chan tour 01

こちらが時刻表。夜9時にウドンタニを出発して、朝5時にバンコク・モーチットターミナルに到着するSクラスを購入。

chan tour 03

横が3列なのでゆったりしたシート。一人席の一番後ろを選んで(一人席は残りがそこのみでした)料金を支払います。価格は454バーツ(約1,450円)。先日購入したバンコク-ノンカーイのナコンチャイエアのバスが658バーツだったので、大分安いですね。

chan tour 04

また、ありがたいことにチャンツアー(Sクラスのみ?)には、座席にコンセントとWi-Fi付きです。ただし後にわかったことですが、今回のバスでWi-Fiは機能していませんでした。コンセントは接触が悪いものの、なんとか利用可能でした。ということで。コンセントとWi-Fiにはあまり期待しないほうが良いです。

こちらがチャンツアーのバス。2階建てです。

chan tour 05

こちらが座席。モニター付き。マッサージ機能もついていますが、動きませんでした。コンセントもあります。

chan tour 06

ナコンチャイエアのバスに比べたら大分薄汚れた感じがしますが、その分価格は安いです。

chan tour 07

こちらが無料で提供される食事です。

chan tour 08

モニター。

chan tour 09

ほぼ時刻通りの夜9時少し過ぎにウドンタニを出発し、コンケーンを経由します。コンケーンでは降りる人が数人いるのみで、トイレ休憩ではありませんでした。乗車員さんに言えば、ここでのトイレも可能だと思います。

朝5時半にバンコク・モーチットターミナルに到着です。

chan tour 10

モーチットターミナルからは、さらに別の街に移動する大型バスや乗り合いバン(ロットゥー)が沢山出ています。

[関連記事]
バンコク発ノンカーイ行きバスの旅、ナコンチャイエアのファーストクラス 

新着記事

エビ味噌のタイ式混ぜご飯「カオクルックガピ」
バンコクの公共交通機関共通ICカードは2018年6月までに運用開始へ
沖縄=バンコクが片道5,390円!LCCピーチが2017年10月20日0時より48時間限定セール実施
喫煙所はガラス張り!タイのビーチ禁煙化で設置開始
ブンシリさんと行く「山梨日帰りバスツアー」開催!日本人もタイ人も一緒に楽しもう!
日本で退去強制手続を執られたタイ人の数は? 2017年上半期