タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

ラオスヌードル「フォー」をビエンチャンで食べる

2016年2月25日 配信

pho 1

カオピヤック」とならんでラオスを代表する麺料理といえば「フォー」です。

「フォー」といえばベトナムの麺料理というイメージの方が多いと思いますが、ラオスでも同じく「フォー」と呼ばれます。タイの「クワイティアオ」と同じものです。米粉製の麺を使ったヌードルです。

pho 2

ラオスの「フォー」には沢山の野菜が付きます。モヤシ、ライム、インゲン、スイートバジル。

pho 4

野菜タップリの「フォー」になりました。

カオピヤック」のモチモチで太いうどんのような麺に対して、「フォー」はそばのような細麺です。

pho 3

甘い味噌は、野菜に付けて食べても良いし、スープに溶かしても良いと店員さんが言っていました。

pho 5

店内の様子。石のテープルと椅子が雰囲気あります。

pho 6

今回のメコン川沿いにあるこのお店。朝の遅いビエンチャンですが、このお店は朝7時前にはオープンしていました。早朝はレストランもほとんど開いていなく、屋台もちらほらなので、「ホテルの朝食は飽きたので外へ!」「ホテルは朝食がつかないプラン」という方にはぴったりのお店です。

「フォー」一杯の価格は失念。たしか1万2000キープ(約160円)か1万5000キープ(約200円)です。

新着記事

チャープラン BNK48(Cherprang BNK48)
タイ航空、豪華賞品が当たる「TGでら夜便」Twitterキャンペーンを開始
映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」がタイで2017年10月5日公開
タイの人気ポップバンド”TATTOO COLOUR”、日本仕様でアプリを配信!
運河ボートでバンコクを巡るツアー!1日乗り放題で200バーツ
パッポン通り「みずキッチン」は1957年開業の洋食一筋の老舗レストラン