THAILAND HYPERLINKS :タイ旅行やタイ生活とタイエンターテイメントのポータルサイト
agoda バンコクの格安ホテル予約

今日のランチは豚肉のニンニク炒め「ムーガティアム」

2016年2月8日 配信

buta ninniku gohan

ランチをお手軽にお安く済ませたい時はタイ料理食堂へ。ヌードルにしようかご飯物にしようか迷うところですが、今日はこちら「カオムーガティアム(ข้าวหมูกระเทียม)」です。



「カオムーガティアム」を直訳すると「ご飯(カオ)豚(ムー)ニンニク(ガティアム)」。要するに「豚肉のにんにく炒めご飯」です。たっぷりのニンニクと豚肉を炒めて醤油などで味付けするだけの簡単料理なので、出来上がりも”あっ”という間。ただ、これだけだと見た目も少し寂しいので目玉焼き(カイダオ ไข่ดาว )もつけました。油っぽさはみずみずしくさっぱりとしたキュウリの付け合せと、ライム(マナオ)でカバー。一皿(上の写真)50バーツ(約160円)でした。

このメニューでどうしても気になるのが「たっぷりのニンニクって臭くて仕方がないんじゃないの?」ということですね。でもご心配なく。日本のニンニクは次の日まで匂いが残るような強烈さですが、なぜがタイのニンニクはそこまでの強烈な匂いはありません。たっぷりニンニクを食べても、周りの人がその匂いを気にするということはあまり無いと思いますよ。また「野菜も一緒に摂りたい」という方は注文時に「サイパクドゥアイ(野菜も一緒にね)」と言いましょう。「豚肉と野菜のニンニク炒め」が出来上がってくるはずです。

新着記事

カルディコーヒーファームが「もっと、おうちでタイ料理」を開催
1月に日本人が大麻所持で逮捕(タニヤで購入)~タイの日本人事件簿
かつて東京・渋谷にも出店してた「SWENSEN’S」のマンゴーアイスクリーム
Ink&Earth、「タイフェス」に続いて「新代田環七フェスティバル」に出演し「神楽音」でもスペシャルライブ
ウルトラマンの海外での利用権は円谷プロ?タイ人実業家?-米国で円谷プロ勝訴判決
タイがTPP参加へ、読売新聞報道