タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

天皇陛下のお魚「プラーニン」のタイ式の美味しい食べ方

2016年1月13日 配信

プラーニン(ナイルティラピア)は、今上天皇がまだ皇太子だった頃の昭和39年に、タイ国民のタンパク源としてタイに贈られた、というエピソードをご存知の方も多いですね。最初に送られたのが50匹だったそうですが、今やタイ人の食卓には欠かせない”国民的魚”になりました!・・・”食卓には欠かせない” ”国民的魚”というのはちょっとオーバー過ぎましたが、屋台や食堂の店頭で網で焼いているのは頻繁に見かけます。

プラーニン

屋台で売られていたプラーニン(上の写真)。体長20センチ以上ある大きなもので、たっぷりと塩を塗って、炭火でじっくりと焼いてあります。この屋台では、プラーニン丸ごと一匹と、キャベツや白菜などの生野菜、ハーブ、カノムチン(米粉製の麺)、タレのセットで140バーツ(約450円)。早速家に持ち帰って、いただくことにしました。

プラーニン

日本人からすると、焼き魚に生野菜ってどうするの?と思うでしょうが、生野菜と一緒にプラーニンをいただくのがタイ式。プラーニン、カノムチン、ハーブをレタスや白菜で巻いて食べるんです。お肉やお米をサンチュで巻いて食べる韓国式の焼き肉のような感じですね。

プラーニン

プラーニンは淡水魚ですが、お腹にハーブを詰め込んで焼いてあるので、臭みもほとんどなく、身はジューシーでプリプリで日本人の口に合うこと間違いなし。ナンプラー、唐辛子、ライムなどで出来たタレも最高に美味しいです。もし苦手ならお醤油を用意するのも良いですね。

ちなみにプラーニンの語源。”プラー”は魚という意味。”ニン”は天皇陛下のお名前の”明仁”の”仁(ニン)”から来ているという説や、英名のナイルティラピアの”ナイル”が”ニン”に変わったという説があるそうです。

新着記事

バンコクの地下鉄、混雑対策で一部座席を取り外し
BNK48「恋するフォーチュンクッキー」~2000人のファンが参加したMVが公開
飲食店のタイ進出は?海外出店に対する意識調査
夏川りみ 独占インタビュー in タイ・バンコク~感動の歌声が日本とタイを結ぶ
タイ映画「グラビティ・オブ・ラブ(愛の重力)」:仙台が舞台のトゥーイ主演のラブコメ作品
トンロー「まる」で500バーツの懐石料理、毎日17時~19時限定