タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

サムイ島「ザ・トンサイベイ」の先代オーナー・アコーン氏が愛した絶景ルーム

2017年7月11日 配信

サムイ島「ザ・トンサイベイ」の先代オーナー・アコーン氏が愛した絶景ルーム

バンコクからバンコクエアウェイズで1時間の場所にある、毎年100万人もの旅行社が訪れるタイ南部のビーチリゾート・サムイ島。かつてはのどかな漁村だったこの島に「ザ・トンサイベイ(The Tongsai Bay)」がオープンしたのが1987年のことでした。

 

サムイ島を訪れたアコーン・フーントラクル氏が一目惚れ

かつてインペリアホテルグループのチェアマンだったアコーン・フーントラクル(Akorn Hoontrakul)氏が、初めてサムイ島に降り立ったのが1985年のこと。その際に訪れ、一目惚れしたのが現在「ザ・トンサイベイ」の建つ場所。アコーン氏は一週間後に一目惚れした土地を買い取り、ビーチにベッドを持ち込んで数ヶ月間泊まり込み、ホテル建設の構想を練ったのだそうです。

アコーン・フーントラクル氏が一目惚れしたビーチ

1987年7月9日に「ザ・トンサイベイ」はサムイ島初の五つ星ホテルとしてオープンしました。アコーン氏はホテル建設にあたって、大きな木は切らずに残すように指示。さらに聖地も殆どすることなく自然を活かした作りにしたそうです。アコーン氏は2000年に惜しくも亡くなられましたが、自然保護の精神は今でも「ザ・トンサイベイ」に根付いているのです。

アコーン・フーントラクル(Akorn Hoontrakul)氏

 

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

そんな先代オーナーであるアコーン氏が「ザ・トンサイベイ」で最も愛したのがアコーンビラ(Akorn Villa)。オーナーの名のついたこのビラは、広びろとしたテラスにプールがついて部屋面積が264平方メートルにも及ぶ「ザ・トンサイベイ」一大きな部屋。そんなアコーンビラを、見せていただくことが出来ました。

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

この部屋の魅力は何と言ってもプールにダイニングキッチンにバスタブまである大きな眺め抜群のテラスですが、まずは室内への中から見ていきます。

こちらが天井も高く、広々としたベッド&リビングルーム。窓から外に出るとプライベートビーチが見渡せる絶景の広がるテラスです。

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

ベッドルームを別角度から。これなら天井の高さと広さは伝わりますでしょうか。天井は優に3メートルはありそうです。

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

ベッド側から見ると・・・。

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

ゆったりしたソファーに座ってDVD鑑賞・・・と行きたいとことですが、せっかくのバカンスですから時間がもったいないですね(笑)。

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

ベッド&リビングルームの隣はドレッシングルーム。化粧台や大きなクローゼット、そして洗面台とシャワー、トイレです。

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

アコーン・フーントラクル氏が最も愛した絶景ルーム・アコーンビラ

 

プライベートビーチが見渡せるアコーンビラのテラス

「バスタブはないのですか」って?いやいや、ご心配なく。アコーンビラのバスタブはなんとテラスにあります。景色を見ながらゆったりと浸かれるオープンエアのバスタブなんです。

プライベートビーチが見渡せるアコーンビラのテラス

アコーンビラのテラスにあるバスタブ

そしてバスタブの目の前はプール、そしてビーチチェア。

バスタブの目の前はプール、そしてビーチチェア

バスタブの目の前はプール、そしてビーチチェア

強い日差しに疲れた東屋へ。

強い日差しに疲れた東屋へ。

さらにテラスにはダイニングキッチンが!その横にはテラスにダイレクトで繫がるもう一つのベッドルーム(ツイン)です。

テラスにはダイニングキッチン

これだけ広びろとした優雅な造りのアコーンビラですから、他と比べた値は張るのは当然す。ただ、大人4名まで泊まることが出来ますので、みんなで割れば決して手の出ない価格ではないのでは?せっかくのサムイ島でのバカンスなのですから、ここは思い切ってアコーンビラを予約してしまうのもありですよ!

アコーンビラからの眺め

いつかこんな絶景を眺めながらサムイ島の1日を過ごしてみたいですね。

 

The Tongsai Bay

[住所]
84 Moo 5, Bo Phut, Ko Samui Surat Thani, 84320 Thailand
[電話]
077 913 750
[Eメール]
info@tongsaibay.co.th
[ウェブ]
http://www.tongsaibay.co.th/
https://www.facebook.com/TongsaiBay

 

【取材協力】
タイ国政府観光庁、株式会社エス・ティー・ワールド 、バンコクエアウェイズ

 

▼関連記事
サムイ島「ザ・トンサイベイ」の先代オーナー・アコーン氏が愛した絶景ルーム
朝食はオオトカゲと共に!サムイ島「ザ・トンサイベイ」
サムイ島ではやっぱりタイ料理!「シェフチョムズ・タイレストラン」
サムイ島「ザ・トンサイベイ」の「プラナスパ」で心と体のリラックス
サムイ島「ザ・トンサイベイ」のレストラン「ポーラッドビーチ ビストロ&バー」でランチ
ジョニーウォーカーのラベルを描いたあの人もリピーター!サムイ島「ザ・トンサイベイ」
エコロジーなサムイ島「ザ・トンサイベイ」のオーガニックガーデン
アクティビティも充実のサムイ島「ザ・トンサイベイ」のビーチ&二つのプール
サムイ島「ザ・トンサイベイ」のプールコテージから見る青い海と生い茂る木々
サムイ島の老舗5つ星リゾートホテル「ザ・トンサイベイ」は日本人スタッフも常駐
サムイ島「ザ・トンサイベイ」が30周年!期間限定で開業当時のメニューを再現し提供

新着記事

タイ発エナジードリンク「M-150」が日本全国のドン・キホーテで発売開始へ
タイの職人が集う「ハードウェアハウス(Hardwarehouse)」
華僑と華人はどう違うのですか?
トゥクトゥクに誘われて、スーツ仕立て屋に連れて行かれた男の体験談
10月26日に営業するお店と営業しないお店一覧【前国王陛下の火葬の日】
ワット・ポーに着くまでに2千バーツも取られた男が一部始終を語る