タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

「大戸屋」 タイ進出当時の直営からフランチャイズになって・・・

2016年10月4日 配信

ootoya thonglor 01

バンコク・トンロー通りにあるJアベニューの「大戸屋」に行ってきました。この店舗は2005年1月にオープンしたタイ進出1号店。あれから10年以上が経ち、「大戸屋」はタイ国内に50店舗ほどを展開しています。

ただしタイ進出当時の「大戸屋」と今の「大戸屋」は形態が変わっています。2011年に当時のベタグロ大戸屋タイランドはセントラル・レストランツ・グループに全株を譲渡。直営店はすべてフランチャイズになりました。その後、なんとなくメニューなどの雰囲気も変わりましたね?

大戸屋HD、タイ直営店をFCに、合弁の全保有株、現地大手に譲渡。|フランチャイズショー

久々のタイ1号店。注文したのは炭火焼きとり親子重(175バーツ 税込)だったでしょうか。ご飯は白米と五穀米から選べて、五穀米を選択。焼きとりも炭の香りがして満足でした。

ootoya thonglor 03

また、以前より他の店舗で行われていた「15分ルール」サービスがこの店舗でもスタートしたようです。4人以下で訪店した時に、もし一品目が15分以内で提供されなかったら前菜の無料サービス券がもらえるというもの。午前11時から午後2時と、午後5時から午後8時までの時間限定での取り組みだそうです。

ootoya thonglor 02

大戸屋

[ウェブ]
http://www.ootoya.co.th/
https://www.facebook.com/ootoyathai/

[関連記事]
アソークの「みつもり」は亡き大戸屋社長の蕎麦と地鶏料理の店

新着記事

トゥクトゥクに誘われて、スーツ仕立て屋に連れて行かれた男の体験談
10月26日に営業するお店と営業しないお店一覧【前国王陛下の火葬の日】
ワット・ポーに着くまでに2千バーツも取られた男が一部始終を語る
4のマークの雲呑麺屋さんは何店ありますか?
MBKセンター4階の「カフェカルディ」でちょっと一息
ぐるなび、タイで「東北ジャパニーズレストランウィーク」開催