タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイ風チャーハン・カオパットは当たり外れの大きいタイ料理

2015年11月19日 配信

khaopat

タイ料理の定番中の定番であるタイ風チャーハン・カオパット。タイ料理レストランに行ったら、白米の代わりに大皿でカオパットを頼んでみんなでシェアする、なんてことも多いですね。中の具も豚や鶏やイカやエビやカニなどなど、お好みで選べるのも嬉しいです。

カオパットを食べるときに忘れてはならないのが、マナオ(ライム)とナンプラー。そのまま食べてももちろん美味しいですが、マナオやナンプラーをかけて混ぜると、またまた一味違った美味しさになるんです。「ナンプラーなしではカオパットは食べられない」なんていう人もいるほどですから、未経験のかたはぜひぜひお試しください。

そんなカオパットもお店によって当たりハズレが多い料理。街の食堂や屋台でカオパットを頼んだら、ベチャベチャのグチャグチャで味もイマイチの美味しいとは言えないカオパットが出てきた、という経験がある人も多いのではないでしょうか。中華料理では「チャーハンが基本」と言われることもあるようですから、カオパットだってやはり技術と経験によって美味しい、美味しくないの差が出てしまうのですね。

ちなみに上の写真は、豚肉入りのカオパットムー。スープまでついて一皿40バーツ(約140円)。野菜もたっぷりで、とっても美味しいカオパットでした。

新着記事

箒を押しながら前進するタイの掃き掃除スタイル
ワンオク、3度目のタイ・バンコク公演が2018年1月18日にインパクトアリーナで開催決定
タイのガールズグループ・サウンドクリーム、東京で撮影の新シングルのMV「更ける」を発表
多部未華子、臼田あさ美ら130人のタイ好きによるガイドブック「THAI LOVERS 130」発売
ジェニス BNK48(Jennis BNK48)
タイ国政府観光庁とサンケイスポーツが「第12回チェンマイマラソン2017」参加ツアー実施