タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

タイ風チャーハン「カオパット」は当たり外れの大きいタイ料理

2015年11月19日 配信

タイ風チャーハン・カオパットは当たり外れの大きいタイ料理

タイ料理の定番中の定番であるタイ風チャーハン・カオパット。タイ料理レストランに行ったら、白米の代わりに大皿でカオパットを頼んでみんなでシェアする、なんてことも多いですね。中の具も豚や鶏やイカやエビやカニなどなど、お好みで選べるのも嬉しいです。



カオパットを食べるときに忘れてはならないのが、マナオ(ライム)とナンプラー。そのまま食べてももちろん美味しいですが、マナオやナンプラーをかけて混ぜると、またまた一味違った美味しさになるんです。「ナンプラーなしではカオパットは食べられない」なんていう人もいるほどですから、未経験のかたはぜひぜひお試しください。

そんなカオパットもお店によって当たりハズレが多い料理。街の食堂や屋台でカオパットを頼んだら、ベチャベチャのグチャグチャで味もイマイチの美味しいとは言えないカオパットが出てきた、という経験がある人も多いのではないでしょうか。中華料理では「チャーハンが基本」と言われることもあるようですから、カオパットだってやはり技術と経験によって美味しい、美味しくないの差が出てしまうのですね。

ちなみにこれまでで最悪のカオパットは、近所の食堂で食べたお粥のように水っぽいカオパット。食堂のおばちゃんには「米を炊くのを失敗した」と言っていました。「だったらカオパットの注文なんて受けなければいいじゃないか、ぐちゃぐちゃのカオパットになるに決まってるんだから」と思いながらも口には出さず、その後その店には一切足を運ばなくなりました(;_;)

なお上の写真は、豚肉入りのカオパットムー。スープまでついて一皿40バーツ(約140円)。野菜もたっぷりで、とっても美味しいカオパットでした。

新着記事

ティサー=ワリティサー リムタマヒソン(Thisa-Varitthisa Limthammahisorn)8
和のテイストを加えた革新的なフレンチレストラン『Elements』が「ミシュランガイドバンコク2018」の一つ星を獲得
年末年始の「アマラ・バンコク」、お得なクリスマスイブディナーやカウントダウンパーティーも
ニチャー=ナタニチャー ダンワタナーワニット(Nychaa Nuttanicha Dungwattanawanich)3
インターコンチネンタルブランドの「ステイブリッジ スイート バンコク トンロー」が2019年竣工へ
【ラオス】「カフェ・シヌーク」はラオスコーヒーのカフェ&レストラン