タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

agoda バンコクの格安ホテル予約

ワット・プラタートドーイステープまでの厳しい道のり・・・チェンマイで初詣その1

2015年1月15日 配信

2014年1月15日掲載 吉田彩緒莉

タイの正月はソンクランのはずですが、1月1日にもタイ人はどっさりと寺院に集まります。何かにつけ寺院に行くのが仏教徒であるタイの人たちの美しい姿ですね。
チェンマイ観光といえば必ず代表格として挙がるドイステープにあるワット・プラタートドーイステープにもタイ国内のタイ人、海外からきたタイ人でごったがえしていました。
この黄金の仏塔!写真で見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ワット・プラタートドーイステープ

このドイステープ実はもの凄く高い山でして、ガイドブックに書いてあるからと言って「ぷらっとドイステープに行ってくる!」とはいかないところが難。
基本、日光のいろは坂並の急カーブが続くとんでもない山道なので、トゥクトゥクは直接行きません。チェンマイ大学前ほか複数の乗り場からドイステープ行のシーローが出ているので乗り換えます。
で、一人40バーツほどなのですが…これがぎゅうぎゅうに詰め込まれるので、身動きが取れないことに。更にものすごい排気ガス…現地タイ人すらみんなストールで顔を覆いました。さらに普段車酔いをしない友人までグロッキー状態。

朝食を食べたばかりでおなかいっぱいだった我々は、この荘厳な階段の下で30分以上うずくまっていました(涙)。

ワット・プラタートドーイステープ

出かける際は、おなかに何も入れないで酔い止めを飲んでいくことをお勧めします。


大きな地図で見る

新着記事

飲食店のタイ進出は?海外出店に対する意識調査
夏川りみ 独占インタビュー in タイ・バンコク~感動の歌声が日本とタイを結ぶ
タイ映画「グラビティ・オブ・ラブ(愛の重力)」:仙台が舞台のトゥーイ主演のラブコメ作品
トンロー「まる」で500バーツの懐石料理、毎日17時~19時限定
ジャン BNK48(Jan BNK48)
プロサッカー選手を目指した理由、そしてJのピッチで見えたのも