タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

タイでよく見るカタツムリ「アフリカマイマイ」は要注意!

2013年10月13日 配信

タイでよく見るカタツムリはアフリカマイマイ

雨季まっただ中のタイ。雨が降ると日本では見る機会の少ない、縦巻き貝のカタツムリが姿を現します。上の写真のカタツムリは「アフリカマイマイ(Achatina fulica)」という種類のカタツムリだそうで、タイではホーイタークヤック(หอยทากยักษ์)と呼ばれています。
そのアフリカマイマイはウィキペディアによると、

本種を中間宿主とする寄生虫(広東住血線虫)は、人間に寄生した場合、好酸球性髄膜脳炎を引き起こす危険があり、場合によっては死に至る。触る、這った跡に触れる等してもこの寄生虫に寄生される危険があり、大変注意を要する生物である。

日本では植物防疫法により有害動物指定を受けており、分布地からの生体の持ち込みは原則禁止されており、世界各国でも本種の生体の持ち込みは禁止されている。一方で外来生物法においても要注意外来生物に指定されており、世界の侵略的外来種ワースト100 (IUCN, 2000) 選定種にもなっている。(アフリカマイマイ – Wikipedia

ということだそうで、十分注意が必要です。

新着記事

タイ映画「4月の終わりに霧雨が降る」が第30回東京国際映画祭で上映
タイ映画「現れた男」が第30回東京国際映画祭で上映
プミポン前国王の火葬日のため10月26日(木)は休日、旅行者は節度の有る服装と行動を
タイでバイきんぐ西村が過酷なインスタ旅「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」
2017年のキンジェー(菜食期間)は10月20日から28日まで
ラブレター(Love letter)