タイランドハイパーリンクス:タイ旅行やタイ生活とタイエンタテインメントのポータルサイト

ラオス通信

ラオスで中国発日本風の「メイソウ(MINISO)」が盛況

minisou 01
ラオスの首都ビエンチャンの玄関であるタラートサオ・バスターミナル(改装中)の目の前に立つ、タラートサオ・ショッピングモール。2007年にオープンしたこのショッピングモールは、まだ10年も経っていないの[...]

ラオス・ビエンチャンでSIMカードを購入してスマホでインターネット

lao telecom 04
タイのお隣の国ラオス。タイ旅行に合わせて訪ねたり、観光ビザやビジネスビザなどを取得するために首都ビエンチャンを訪れる日本人も多いのではないでしょうか。 よく知らない場所を訪れるのは不安ですが、スマホで[...]

ビエンチャン・ワットタイ国際空港からのタクシーが高額のためトゥクトゥクを利用

laos tuk tuk
ラオスの首都ビエンチャンへ空の旅。ビエンチャン・ワットタイ国際空港の到着ロビーにはタクシーカウンターがあります。 観光客が沢山集まり、ホテルが集中するセンターエリアへ向かいます。料金は通常タクシーで7[...]

ビエンチャン・ワットタイ国際空港へ!~バンコクからラオスへエアアジアの旅

Wattay International Airport 10
2016年になって初めて、タイ・バンコクから格安航空会社(LCC)がラオスに就航開始しました。エアアジアは3月には古都ルアンパバーン便を、7月には首都ビエンチャン便をスタートさせています。ということで[...]

ラオス・バンビエンへはタイからも直行国際バスあり!ウドンタニとノンカーイからの時刻表と料金

udon bus laos
人気上昇中のラオスの街バンビエン。以前はラオス行きの国際バスは首都のビエンチャン行きのみでしたが、現在ではバンビエン行きも出ています。「ビエンチャンには用はないので、バンビエンに直行したい!」という方[...]

ラオス・バンビエン発タイ各地(ノンカーイ、ウドンタニ、チェンマイ他)行きの国際バス、料金表と時刻表

vangvieng udonthani 06
いよいよラオスのバンビエンともお別れ。出発前日にタイ・ウドンタニ直行のバスチケットを9万キープ(約1200円)で購入しました。翌朝8時半にチケットを購入したお店に集合です。   バンビエン発[...]

ラオス・バンビエンのあれこれ。ナムソン川、朝市、お坊さん、屋台、フルーツシェイク・・・

vangvieng 001
自然豊かで、とってものどかなラオスの観光地バンビエン。アクセスするには首都ビエンチャンからもバスで4時間ほどかかるので、タイから気軽に訪れるという訳にはいかないかもしれませんが、2泊位出来る時間の余裕[...]

「チャンタラゲストハウス」はラオス・バンビエンの日本人宿

Chanthala Guest House
タイのお隣の国ラオスの田舎街バンビエン。バンビエンは特に韓国人に人気で、街中が韓国人とハングル文字で溢れているのですが(参照 とにかく韓国人だらけのラオス・バンビエン、ハングルの看板があちこちに)、一[...]

とにかく韓国人だらけのラオス・バンビエン、ハングルの看板があちこちに

vang vieng korea 01
自然を眺めならがゆっくりのんびり出来ると人気上昇中で、沢山の観光客が集まるようになったラオスの小さな街バンビエン。人気上昇中とは書いたものの、日本人の殆どの人がバンビエンという地名を聞いたことはないか[...]

ラオス・バンビエンに蔓延する風船ドラッグ「ハッピーバルーン」

happy baloon
「WE HAVE BALOON(風船あります)」 ラオス・バンビエン中心部のバーの前の目立つところに出ていた看板ですが、何のことか分かりますか?実はこれ、バンビエンでは「HAPPY BALOON」だと[...]

サクラバー(SAKURA BAR)のハッピーアワーはお酒無料!ラオス・バンビエンの夜遊び

sakura bar 01
ラオスの田舎街バンビエン。日中はナムソン川下りなどでたっぷり遊んだら、夜は食事をしてお酒を飲みに行きたいですね。 バンビエンは小さい街なので夜遊びする場所はあまりありませんが、それでも夜中まで大音量で[...]

ラオス・バンビエンでは座敷のレストランで寝転んでリラックス

vang vieng restaurant 01
タイのお隣であるラオスの首都ビエンチャンから、バスに乗ってやって来た田舎町バンビエン。(参照 【ラオス】ビエンチャン⇒バンビエン バスの旅!最安値でチケット予約か? ) バンビエンでは、中心を流れるナ[...]

「スークソンブーン ゲストハウス」この眺めで一泊1400円!ラオス・バンビエンのお薦めホテル

Souk Som Boun Guesthouse 01
ラオスの首都ビエンチャンからVIPバス(といっても普通のバスですが)に揺られて4時間半。バンビエンに到着しました。(参照 【ラオス】ビエンチャン⇒バンビエン バスの旅!最安値でチケット予約か?) バス[...]

【ラオス】ビエンチャン⇒バンビエン バスの旅!最安値でチケット予約か?

vientiane ticket 05
ラオスの首都ビエンチャンから、ラオス国内の地方都市やタイ各地への国際バスのチケットを扱うお店は街の至る所にあり、店頭に価格表を出しているところも多いです。結局は同じバスになるのですが、お店によって手数[...]

ラオスのトイレに日本のテクノロジーが使われていた!

toilet laos
東南アジアのトイレは、お尻は紙で拭かずに水で洗い流すシステム。日本では2015年にウォシュレットの累計販売台数4000万台に達したそうで、今でこそ「お尻は洗うもの」という認識も普通になりましたが、東南[...]

ビエンチャンセンター(Vientiane Center)はラオスの最新ショッピングセンター

vientiane center 01
発展著しいラオスの首都ビエンチャン。最新のショッピングセンターには、レストラン街や映画館も。   かつての最先端タラートサオ・ショッピングモール 2007年に完成したタラートサオ・ショッピン[...]

ラオスヌードル「フォー」をビエンチャンで食べる

pho 1
「カオピヤック」とならんでラオスを代表する麺料理といえば「フォー」です。 「フォー」といえばベトナムの麺料理というイメージの方が多いと思いますが、ラオスでも同じく「フォー」と呼ばれます。タイの「クワイ[...]

ラオスといえばフランスパンのサンドイッチ!シャキシャキの青パパイヤ入り

laos sand 01
かつてフランスの植民地だったラオスではパン作りが盛んです。街のいたるところにフランスパンサンドイッチのお店や屋台があります。色々な具材を挟んだお食事のサンドイッチだったり、バターと練乳をたっぷり塗った[...]

【ラオス】ビエンチャンで一番美味しいラオス風うどん「カオピヤック」のお店

Delicious Noodle LAOS 03
ラオスでまず食べたいもの。それはラオス風のうどん「カオピヤック」です。 「カオピヤック」とは米粉で出来た麺で、まるで日本の「うどん」のように太くてモチモチしています。タイでは「クワイジャップ・ユアン」[...]

【ラオス】ビエンチャンのホテル「ニュー ラオ パリス ホテル(NEW LAO PARIS HOTEL)」に宿泊

NEW LAO PARIS HOTEL 01
タイのお隣であるラオスの首都ビエンチャンでの宿泊。予めホテル予約サイトで手配をしていましたので、ホテルに到着してスマホで予約表を見せてチェックインします。 宿泊したのは「ニュー ラオ パリス ホテル([...]